ごあいさつGreeting

院長紹介

当院は北九州初の乳腺疾患専門のクリニックとして平成19年に開業しました。
ちょうど乳がん検診の重要性が話題になってきた頃でした。その頃に比べると検診を受ける方はだいぶ増えましたが、実は今でも北九州市の受診率はまだ低いのが現状です。
乳房の検査は大きな病院でなくてもできるので、毎日診療できるクリニックで一人でも多くの方を診て、気になる症状のある方の不安をできるだけ早く取り除けるよう努力していきたいと思います。
「マンモグラフィは痛い」などいろいろ不安になるような話しを耳にされるとは思いますが、一度自分で自分の背中を押してみて検査を受けてみませんか。受けてみると思っていたより楽で、何よりも皆さん安心した顔でお帰りになります。
「健康という名の安心」を皆さんに提供したいと思います。
島田乳腺クリニック 院長 島田和生

院長略歴
  • 鹿児島大学医学部卒業、九州大学第一外科(現、臨床・腫瘍外科)入局
  • 北九州市立小倉病院(現、北九州市立医療センター)、千早病院、
    国立下関病院、筑前山田赤十字病院、山口赤十字病院、テキサス大学ガルベストン校、浜の町病院、九州大学病院、国立小倉病院(現、小倉医療センター)勤務
  • 平成19年2月より現職
院長資格、役職
  • 医学博士(九州大学)
  • 日本乳癌学会 評議員、専門医
    日本外科学会 指導医、専門医
    日本乳がん検診精度管理中央機構 読影認定医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医
  • 日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会 乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師